私がチョコレートを通販で購入する理由

物心がまだつかないような子供の時から、母に「こちょれーと、頂戴」とねだっていた私は大人になってからも無類のチョコレート好きに成長しました。

お金に余裕があるのならたくさんのチョコレートを買い込んで毎日新作のチョコレートを味わいたいものですが、なかなかそうもいかないのでバレンタインの時期だけは家族用にと言いつつほとんどの理由は自分が食べたいからと卑しい理由であまり見かけないような特別なチョコレートを購入するようにしています。

ただ、普通のチョコレート好きな人と違うのは通販で購入することが多い、ということです。

本当のチョコレートマニアであれば、自分の足でチョコレート店の開拓に行くのが本望なのかもしれません。

私も、独身の頃は甘いもの好きの友人たちとわざわざ足を運んだりしましたが、子供ができてからというもの名店ぞろいの銀座や新宿などは子連れで歩くのは難しく、バレンタイン用のチョコレートもここ5年以上はすべてチョコレートのネット通販で購入しています。

また、もう一つ店舗に行かなくなったのという理由として、人混みでごった返している中でチョコレートを見ても結局それが欲しいのか、どれがおすすめなのか吟味することができずその場で決められなくなってしまうのでチョコレートを買う時は通販のみに頼っています。

デパートなどで購入する場合は、ほかのデパートや店舗にもっといいのがあるかもしれないと別のデパートやお店に行って、また元のお店に戻ってくるまでにくたくたに疲れてしまってどうでも良くなってしまうことが考えられます。

しかし、通販でなら時間の許す限りどれを購入しようか悩むことができますし、今日で決められなかったら明日に回せばいいので、やはりネット通販でチョコレートを買うのはこの先も変わらないといえます。

バレンタインが間近になると、様々なサイトではその年一押しのチョコレートをアップしています。

私がチョコレートを購入する際に決め手にしているのは、量も大事ですが味が一風変わったものであること、チョコレートの大きさがある程度食べごたえのあるもの、値段が手ごろなものというのを基準に決めています。

できることならば、あまり店頭でも並ばないような珍しいチョコレートをあげたい、というより自分も食べたいのでバレンタインが近づく1月中旬ころから深夜遅くまでネットサーフィンをしながらチョコレートのネット通販を探しています。

ただ、ネット通販だと大きさまでは良くわからないので、購入した割には一個一個が小さかったり中身が少なめだったりと少しがっかりすることもありますが、そういったことも含めてやっぱりネット通販でチョコレートを検索してどれに使用か悩んでいるときは非常に私服の時間です。

問題なのは、ネット通販でチョコレートを検索しすぎるとチョコレートが本当に食べたくなるのですが、検索に夢中になっていて気づくと深夜になっているため、さすがにこの時間にチョコを食べたら体にも毒ですし食べたい気持ちを我慢しなければならないのが少しつらいところでもあります。

その他に、テレビで特集しているチョコレートの祭典で売られているようなチョコはネットではあまり出回ってないことが多く、見つけたとしてもすでに売り切れや、サイトごとに一つずつ気に行ったのを購入していくと送料だけで信じられない値段になったりするのが何とかならないのかなといつも思います。

フランスやベルギーなどのチョコレートで有名な国ではバロタンという量り売りのスタイルが一般的なようですが、パッケージはシンプルなのに中にどっさりチョコレートが入っているさ様はボリューム満点で圧倒されますよね。

日本でも徐々にバロタン売りが普及しつつありますが、まだまだ手軽に食べられるわけではないし、色々計算しつくされた結果なのかもしれませんが日本のものは他国に比べて小ぶりなような気がして一口だけでは終わらないため、もっと一回り大きいサイズのチョコレートはないのかと今日もネット通販でチョコレートを探す日々です。

なんだかんだ言って、バレンタインに限らず気になると1年中チョコレートを巡っているような気がしますが、多くのお店やサイトを比べながら決めることのできるチョコレートのネット通販は非常に便利だと思います。

You Might Also Like