ギフトに焼き菓子を選ぶ時のポイント

お土産やプレゼントに焼き菓子を選ぶ人は少なくないと思います。何処ででも手には入って、なおかつ種類も豊富なところがギフト向きですよね。

そんなギフト用の焼き菓子を選ぶ時のポイントについて紹介します。

初めに気をつけたいのが焼き菓子の賞味期限です。

焼き菓子は、生モノと違って比較的賞味期限が長いのが特徴ですが、贈られた相手が直ぐに食べなくても、自分のペースで手をつけられるように日持ちのする焼き菓子をギフトに選びましょう。

また、焼き菓子の個数もギフトとして贈る時には重要なポイントです。多すぎては迷惑をかけてしまいますし、少なくても物足りないですよね。

ギフト用の箱入りの焼き菓子は大抵の場合、大・中・小とサイズが3種類ほどあるものです。
当然ながら大は数も多く、小は数が少なくなっています。

一人暮らしなら小サイズでも十分な事が多いですが、家族がいるなら本人だけではなく皆で一緒に食べられるように、大サイズや中サイズの焼き菓子をギフトにすると喜ばれます。

また、サイズを決める時は人数だけではなく本人や家族の年齢も考慮しましょう。

乳幼児を含めた4人家族と育ちざかりの子供がいる4人家族では、食べる量も違うものです。そういった事も考えて選ぶと良いですね。

焼き菓子は色んな種類があるのが魅力でもありますが、選ぶ時に迷いがちになってしまいます。

相手の好みを十分に分かっている時は良いですが、そうではない場合はどうすれば良いでしょう。

そんな時には1種類だけではなく、何種類かの焼き菓子がセットになったギフトがお勧めです。

これは、家族のいる方に贈る場合にもお勧め出来ます。

また、ひとつひとつ個別包装になっている焼き菓子なら、一つ食べてみて口にあわなければ人にあげる事も出来るので無駄にならずに済みますよ。

そして、焼き菓子をギフトとして贈る時に気をつけたいのがアレルギーです。
焼き菓子は、材料に小麦粉や卵、乳製品を使用している商品が多くなります。

中にはこういった食材にアレルギーを起こす人も少なくありません。

特に子供のいる家庭に焼き菓子をギフトとして贈る時は要注意です。

中には、小麦粉や卵などを使わずに作られている焼き菓子もありますから、アレルギーのある家庭にはそういった焼き菓子を選んでも良いでしょう。

ギフトに適した焼き菓子ですが、せっかくの贈り物で失敗をしないように、以上のようなポイントに気をつけて商品を選んでみて下さい。そうすれば皆が喜んでくれる焼き菓子ギフトを選ぶ事が出来るはずです。

You Might Also Like