チョコレート探究の旅

チョコレートが大好物で、変な話常に持ち歩いています。職場で休憩中に食べることもありますし、何なら買い物や旅行に行く際にも常時携帯しています。思い返せば、物心つく頃にはチョコレートにやたらハマっている自分がいて、私にとってはお菓子イコールチョコレートなのです。

なんでしょう、甘いんだけれども、その奥に漂う仄かな苦みをキャッチすると、えも言えない快感に満たされるんですよね。そこへお気に入りのコーヒーを流し込めば、正に至福のひと時が味わえます。この瞬間があるからこそ、日々の辛い仕事を頑張れているといっても過言ではありません。それにしても、チョコレートと一口に言っても、様々な商品が販売されていて、一つとして同じ味の物は存在しません。一見似たような味の商品も存在するのですが、一緒に食べ比べてみるとその違いは一目瞭然です。甘みや食感、コーヒーとの相性などなど、どれをとっても少しずつ違いがあるのです。

とまあ、ある種チョコレートマニアの性質が多分に備わっている私。スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで購入できるチョコレートは完全に網羅してしまっています。なので、このところはチョコレートを心から満喫することができないんですよね。どうしても、毎回同じチョコレートを手に取る自分がいて、味を楽しむというよりは惰性でチョコレートを口に運んでいたような気がします。本当は程よいサイクルで違った味を楽しむ方がメリハリがつく分、チョコレートを満喫できるとは思うのですが、前述のような理由から、そんな気が全く起こりません。少々大げさかもしれませんが、世の中のチョコレートを全て知り尽くしたかのような虚無感に襲われており、新たな味を求めようという気になれなかったのです。

そんなときに、友人が通販でチョコレートを買っているという話を聞いたのですが、これがきっかけとなり、私のチョコレート探究の旅、第二章が幕を開けたのです。その友人は見たことも聞いたこともないようなレアなチョコレートを通販でゲットしており、正直言って、私以上にチョコレートに対する思い入れが感じられます。

それにしても、通販でチョコレートを買うとは。いやあ、恥ずかしながら通販を活用することなんて、頭に全く思い浮かびませんでした。井の中の蛙大海を知らずとはまさにこのことで、自分の近所で販売されているチョコレートだけがすべてだと思っていた自分が本当に恥ずかしい。今では通販のおかげで、毎日のように違った味の商品を堪能できており、とても充実した毎日が送れています。

You Might Also Like