様々な場面で大活躍な焼き菓子たち

焼き菓子は、お世話になった方へのお礼や、ちょっとした手土産にとても喜ばれるギフトです。生クリームたっぷりのケーキや賞味期限が短い生菓子は、先様のリクエストなら良いのかもしれませんが、状況によってはすぐに食べないケースも考えられます。その点焼き菓子は、賞味期限が比較的長く、1週間程度後でも美味しく頂けるため、ギフトにしても気を遣う事無く差し上げる事が出来ます。最近はラッピングにも凝っている焼き菓子も多く、ちょっとした宝石箱の様な感じで、小さな焼き菓子が入って、可愛いリボンがかかっていると、食べるのが勿体無いと思ってしまう程です。

焼き菓子は洋菓子が多く、名前もカタカナでおしゃれな物が多いです。代表的な焼き菓子はフィナンシェ、ダックワーズ、パウンドケーキ、フルーツケーキ、クッキー、ビスケット等があり、アメリカやフランスやイギリス等、欧米出身と思われるおしゃれ名前が付いています。

チョコレート専門店やケーキ屋さんには、必ずと言って良い程、焼き菓子も販売されていて、生菓子に比べて安価で、小さめなのも魅力の一つです。生菓子の様に気を遣って扱う必要も無く、ショップに準備されているバスケットに自分で取って入れられるスタイルの店もあり、形も崩れないため、気軽にギフトに出来ます。

大切なお客様との会議がホテルであった時に、コーヒーのお供に、ちょっとした焼き菓子を出した事があります。ホテルの方にお願いして、敢えて包装したままに出して貰い、もしも召し上がらない場合には、そのままお持ち帰りが出来る様にしてみたところ、コーヒーだけを飲んだ方は、喜んで手土産にしていました。こういう選択肢があるのも焼き菓子の魅力だと感じます。気軽に袋ごと鞄に入れても形が崩れる事も無く、翌日まで美味しく頂けます。後で召し上がった時に、会議がきっと良いイメージになっただろうなぁと感じました。定年退職のお祝いに、お花を差し上げる事がありますが、お花と共に、焼き菓子をギフトにして非常に喜ばれた事もあります。

また、私自身、ダイエットのご褒美に、焼き菓子を1個だけ食べる事があります。焼き菓子の詰め合わせを自分へのギフトに贈り、食事制限が出来て、多少頑張れたと思う時に、1個ずつ頂く様にしています。焼き菓子は比較的小さく、クリーム等が付いていないため、カロリーも少なく、また甘い物はとても楽しい気持ちになれます。ダイエットで制限ばかりをして暗い気持ちになって、自己嫌悪になるのでは無く、頑張れた自分を元気にする源になります。ダイエットをしている時の甘い焼き菓子はひと際美味しく、また頑張ろうとモチベーションが上がります。

焼き菓子は様々な場面で人を幸福にするお菓子に違いありません。

You Might Also Like