伝統や流行を感じられる焼き菓子をギフトに

お世話になった方へのギフトや、気の置けない仲間へのほんの小さなお礼、ちょっとしたご近所への挨拶回りのお供などに皆さんは何を持って行かれるでしょうか?私の場合は昔から焼き菓子と決めています。

まず大前提として焼き菓子は消え物であり、受け取る方の好みをあまり深く考えずに購入することができますし、受け取られた側も置き場所や近い道に困ることがありません。また、焼き菓子は伝統的で万人受けする品もあれば、最近流行の目を引く品、巷やテレビで取り上げられるなどして話題性のある品も豊富であり、そういった焼き菓子を贈ると「一度食べてみたいと思っていたんだ」と、とても喜んでもらえます。さらに日持ちの面でも慌てて食べてもらう必要性もないので、ギフトには最適だと思っています。

デザイン性豊かで可愛らしいパッケージに包まれたギフトセットは、普段自分用に買うことはなくても、百貨店やネットで見かけて「美味しそうだな」「高級だな」「食べてみたいな」といった印象がインプットされているもの。目でも舌でも楽しむことができ、「良い品を貰ったな」と好印象を与えることができるはずです。有名ブランドの高級な詰め合わせや、ホテルメイドの高級な品以外でも、ファッション性も備えたカジュアルな焼き菓子が多く、ホームパーティーや会社へのちょっとした手土産にも最適で、場の雰囲気を明るく彩ることでしょう。

内容や価格設定が細かいことも焼き菓子をギフトにするメリットのひとつです。お一人様用の小さなギフトから、新婚夫婦や老夫婦に向けた2人用のサイズ、お子さんのいる家庭に向けて最適な3~4人用のセット、さらに多くの人数に向けた大家族用のセットなど、相手の好みや予算、用途に応じて多くの焼き菓子の中から選択することができます。「どれにしようか」と一つに絞らず、「あれもこれも入ってるから、このセットにしよう」という選び方ができることも焼き菓子のギフトセットの良い点ですね。

焼き菓子は大型のスーパーや百貨店、街中のお菓子屋さんなどで購入することができますが、私はネットショップや通販を利用することが多いです。店頭に足を運ぶこともありますが、通販ならば店員さんや他のお客さんの存在に焦らずじっくりと商品を選ぶことができますし、地元には無い話題の品や、美味しそうな品を取り寄せることもできます。大量に購入する際にもかさばった袋を自宅まで持ってくる面倒もなく便利です。

皆さんもぜひ一度、お子さんからお年寄りまで楽しめる焼き菓子をギフトに利用されてみてはいかがでしょうか?

You Might Also Like