はちみつは栄養豊富な健康食品

甘さと栄養豊富なことで知られるはちみつ。通販で手軽に買えるはちみつは、さまざまな健康への効果を持っています。

はちみつに含まれる栄養と効果

ビタミンでは、ビタミンB1、B2、B6、葉酸、ニコチン酸、パントテン酸、ビタミンC、K、ビオチンです。ミネラルはカリウム、ナトリウム、カルシウム、リン、亜鉛、鉄、銅、マンガン、そのほか、アミノ酸、ポリフェノール、酵素などを含みます。

はちみつの主成分はブドウ糖と果糖ですが、これらは体内で分解されずにエネルギーとしてすぐに吸収されます。そのためエネルギー補給、疲労回復に役立ちます。整腸作用があるため、下痢や便秘などの改善も期待できます。余分な塩分を排出する働きがあるカリウムを含んでいるので、血圧を下げる効果もあります。

咳止め効果もあります。アメリカの大学が行った研究では、市販の小児用薬よりもはちみつの方が効果が高かったという結果が報告されています。また抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれます。さまざまな効能のあるはちみつですので、通販で購入して家に常備しておくと安心ですね。

はちみつのカロリー

はちみつ大さじ1杯で約70kcal、砂糖は約40kcalで、はちみつの方がカロリーは高くなります。ただ、甘みははちみつの方が高いため、使う量が少なくて済むので結果的にはカロリーを抑えられることになります。

はちみつの種類

通販で見ても、はちみつの種類はたくさんあります。レンゲ、アカシア、トチ、リンゴ、ソバ、シナノキなど花の種類によって分けられています。どれがいいか迷ったときはアカシアがおすすめです。甘くて癖がなく、果糖が多いために低温になっても固まりにくいという特徴もあり、使いやすいです。

料理に使うのなら邪魔をしない色の薄いもの(アカシアなど)、濃い色はミネラルが豊富など、それぞれに特徴があります。お好みの味を見つけるには試してみるのが一番です。近所のお店には置いてないような種類も、通販ならすぐに買えて便利です。

はちみつの食べ方

簡単なのはヨーグルトにかける、パンに塗る、紅茶に入れるなどの方法です。ホットミルクにはちみつを入れるのもおすすめです。

はちみつの保存法

蓋をしっかりしめて、常温の暗い場所で保存します。冷蔵庫に入れると固まって結晶化します。高温で溶かすと栄養素が変化するため注意してください。溶かす場合は湯煎にして、熱すぎないお湯で溶かしましょう。気にならないのであれば無理に溶かす必要はありません。

はちみつはその殺菌力の高さで、「腐らない食べ物」と言われているほどです。そのため通販でいろんな種類を購入しても長く楽しむことができますね。しかし、開封してから時間が立ちすぎると風味が落ちることは考えられますので、あまり長いこと置かないほうがいいでしょう。

You Might Also Like