焼き菓子のギフトは私にとって非日常

焼き菓子のギフトは貰って嬉しいギフトの一つ

焼き菓子は見る楽しみもある焼き菓子のギフトは私にとって頂いて嬉しいギフトの一つなんです。
特にギフト用の焼き菓子が流行り始めた頃は衝撃でした。
それまでは焼き菓子=堅いお菓子といった捉え方だったのですが、
来客から焼き菓子ギフトを頂いて、箱を開けたときに何とも言えない素朴な可愛さを感じたのを覚えています。
確かにマドレーヌくらいは自分でも作った事はあったので知っていましたが、
素人の作った怪しいオーブンで焼いたマドレーヌですから、焦げている所もあるし
果たしてあれが本当にマドレーヌの味だったのがと最近全く作る事すら無くなった
今の自分は考えてしまいます。
たぶん、あれは甘いスポンジ程度だったのでしょうね。
お客様に頂いた焼き菓子のセットの中のマドレーヌはほんのりと酸味のある
しっとりとした食感に感激しました。
自分の家で焼くマドレーヌにはああいったしっとり感はなかったんです。

焼き菓子との出会いは衝撃的だった

他にもそのギフトの中には何種類かの焼き菓子が入っていました。
ダックワーズはその時が初めての出会いでした。今までの焼き菓子とは
全く違う食感でサクッとした歯触りにしっとりとしたクリームの組み合わせなんて
食べた事ありませんでしたから、その食感は食べる前は考えつきもしませんでした。
見た目は祖母の家でよく買ってあったナボナに似ているけれども
全く違うものだったという事にも感動があったのかもしれません。
もう一つ、フィナンシェもその時が初めてで、マドレーヌと同じ様な雰囲気なのに
どうしてここまで味が違うのかと考えさせられたものです。
どれもいまだに大好きな焼き菓子ではあるのですが、
焼き菓子のギフトを頂いた時の楽しみは食べる事だけではないんです。
素朴なのにちょっとおしゃれな感覚で日常とは違う雰囲気を持った焼き菓子の
ギフトセットは私にとっては見る楽しみでもある
のです。

焼き菓子は非日常的な贅沢な気分を味あわせてくれる

焼き菓子は非日常的で贅沢その日に食べたいなと思った焼き菓子をお気に入りのお皿にいくつか乗せ、
普段ならパックの緑茶で済ませてしまう飲み物を紅茶に変え、
更に余裕があれば奥にしまってあるティーポットで休憩する、
そんな予定を立てるだけでちょっと気分が向上させてくれます。
誰もいなくなった昼間のほんの少しの贅沢といったところでしょうか。
勿論、そんな事は滅多にできません。できないからこそ、気分が向上するんです。
大げさな言い方かもしれませんが焼き菓子、しかも単品でなくギフトとして頂く
焼き菓子の中にはそういった日常ではない、少しだけ贅沢がしたくなるような
非日常のエッセンスが含まれているのかもしれません
ね。

You Might Also Like