心温まるギフト

焼き菓子は贈り手も楽しいギフト

焼き菓子は贈る側も選ぶ楽しみがあるギフトです焼き菓子の歴史は古くフランスで、ルイ14世の時代に現在に通じる焼き菓子が誕生したと言われています。
まず焼き菓子と聞いて思い浮かぶのは、まずクッキーとかパウンドケーキなどではないでしょうか。
今も昔も性別・年齢問わず、幅広く支持されていますよね。
焼き菓子はシンプルで素朴ですが、味に深みがあり、お菓子職人さんの愛情を感じます。
私もよくちょっとした手みやげや改まった時など、ギフトとして利用しています
何を送ろうか迷ったら…、そんな時に焼き菓子はお助け的な存在です。
ギフト用に詰め合わせパターンが決まったものから、自分でかわいい焼き菓子をチョイスできるものなど、送る相手の方を思いながら焼き菓子をあれこれ選ぶのが楽しくなり、つい時間が過ぎることを忘れてしまいます。

時間がとれないとき、通販でギフトを購入するのもアリ

先日、友人が交通事故に遭ってしまいお見舞に行きました。
幸いケガはたいしたことはなかったのですが、事故の衝撃にショックを受けてしまった様子で心配していました。
そんな彼女が退院したことを聞いたので、元気づけようと思いました。
単純ですが、きっとおいしいものを食べて、他愛もないおしゃべりをすれば気分が紛れてくれると思い、ちょっと高級感のある焼き菓子を探し始めました。
直接洋菓子店に出向くものひとつの方法ですが、なかなか日中は忙しく、時間が取れません。
お店にサッと行ってパッと決まるものではないので、どうしても時間が掛かってしまいます。
そんな時に頼りになるのが通販です。
ネット通販なら、時間に束縛されることもなく、じっくり焼き菓子を選ぶ事ができます
かわいい焼き菓子から、本格的なこだわりの焼き菓子まで、幅広く奥深さを感じます。
遠方の洋菓子店の味も自宅にいながら楽しむことができるなんて、通販ならではだと思います。

焼き菓子はリピーターの多い最高のギフトです

焼き菓子は贈り物としてリピートしたくなる便利さ気に入った品が見つかり、ギフト用としてラッピングしてもらいました。
そしてその焼き菓子を持って彼女に会いに行き、一緒にティータイムを楽しみました。
会話がはずみ、時間があっという間に過ぎていきました。
思ったよりも彼女は元気そうだったので安心しました。
その日の夜、今日のお礼と焼き菓子がおいしかったこと、自分もギフトとして利用したいので今度詳しく教えてほしいと書かれたメールをもらいました。
私はとてもうれしくなって、元気をもらったような気になりました。
そして今回利用した焼き菓子は、次回のギフトの時にまた利用させてもらいます。
焼き菓子は、こういった心温まるギフトとともにリピーターが多くなるのだな、と思いました。

知人や親戚のお呼ばれには焼き菓子ギフトがお勧め

ラッピングすれば焼き菓子は素敵なギフトになる

焼き菓子は種類も多く、日持ちする知人や親戚の家におよばれした時、何を持って行くか悩む事って多いと思います。本当に気心の知れた気の置けない仲間なら、それこそスーパーで購入した皆が好きなお菓子などでも全然構わないでしょう。
でも、知人や親戚の場合はそうもいきません。かと言ってあまり大袈裟なギフトだと相手に気を使わせてしまうので、そのバランスが難しいものです。

私の場合、困った時には焼き菓子をギフトとして用意することが多いですね。焼き菓子なら子供でも大人でも食べられるし、嫌いな人もそうそういません。
お店でラッピングをして貰えば、焼き菓子はかしこまり過ぎないちょっとしたギフトとしてぴったりです。

焼き菓子は種類も多いし日持ちする

お呼ばれの時に持って行くギフトといえば、一見ケーキなんかも適している様な気がします。
でも、ケーキだと購入する数が難しくなってしまうんです。
特にその場に何人集まるのか正確に分からない時は、判断が難しくなってしまいます。
多めに買っていけば良いようにも思えますが、ケーキのような生ものは消費期限が短いので多くギフトとして持って行ってしまえば、相手を困らせることにもなりかねません。
その点、焼き菓子のギフトなら消費期限も長いですし味が落ちるという事も気にしなくて済むので、ギフトを貰う相手にとっても都合がいいはずです。

それに一言で焼き菓子といっても、焼き菓子には色んなバリエーションがあるものです。焼き菓子=甘いお菓子かと言えばそうではありません。
塩味のきいたものやあっさりとした焼き菓子もあるので、相手の好みに合わせて持って行く事が出来ます。
もちろん甘いものが好きな人にもピッタリな焼き菓子は沢山ありますから、どこへ持って行く時も困る事はありません。
それにバリエーションが多いからこそ、他の誰かとかぶるなんて事もありませんし、毎回ギフトが同じになってしまうというマンネリになる事もないのです。

焼き菓子と決めてしまえばギフトにいちいち悩まなくなる

ギフトには焼き菓子と決めてしまえば悩まなくなる価格も手頃なものから、ちょっと高級なものまでありますから、用途に合わせて選ぶ事が出来るのもメリットのひとつです。

誰かのお宅に招かれた時のギフトは、焼き菓子にすると決めてから今までの様に何を持って行くかで無駄に悩む事がなくなりました
そのことでお呼ばれが面倒だな、と思う事もあったのですが今はそれもなくなりました。

特に女性には、新しく出来たお店の焼き菓子や雑誌やテレビで取り上げられたお店のものを選ぶと喜ばれますね。知人や親戚のお宅にお呼ばれした時のギフトに悩んでいる人には、焼き菓子を持って行くことをお勧めします。

高級チョコレートを通販で楽しむ

今日、通販で頼んでいた高級チョコレートが届きました。

私は子供のころからチョコレートが大好きだったのですが、母が「チョコレートは虫歯の元だ!」なんて言ってあまり食べさせてもらえなかったんですよね。他の子が食べてるのをうらめしそうに眺める私に、祖母がいつもこっそりとチョコレートを買ってくれていました。

「お母さんにはナイショでね…」と言ってくれるチョコレートの美味しいこと…!私には年に一度母の前で堂々とチョコレートを食べても良い日があって、それは私の誕生日でした。誕生日、祖母がプレゼントしてくれたチョコレートを食べて本当に幸せだったことを覚えています。

祖母がプレゼントしてくれたチョコレートは、いつもくれる板チョコと違い、小分けになっていて箱も豪華で…大人になってから、その誕生日の特別なチョコレートがイタリアの高級チョコレートだということを知りました。高級チョコレートって、お酒が入ったものがありますよね。

そういうお酒が入ったチョコレートは、祖母にも禁止されていて、箱の中にあっても家族に食べられてしまっていました。大人になった今では、お酒の入ったチョコレートが大好物です。やっぱり、禁止されていたものって、大人になって自力で買って食べられるようになるとはまってしまいますよね。社会人になってからは、たまの贅沢に高級チョコレートを買って食べています。以前はデパ地下に会社帰りにわざわざ寄って買っていたのですが、帰りのラッシュ時間の込み具合が嫌でしょうがなくて、最近はもっぱら通販を利用しています。ならばないでも欲しいものが買えるなんて本当最高ですよね。

私は、高級チョコレートの取りそろえが良い通販サイトを見つけて利用しています。在庫の有無がすぐわかりますし、自分の気に入った商品が再入荷されたときに連絡がもらえるのも通販ならではの利点だと思います。自分は好きなブランドがいくつかあるので、お気に入りに登録して新製品や季節ものの商品の入荷を知らせてもらうようにしています。

今日届いたのは、今季限定の商品で、いつもよりも少しお値段が高いチョコレートです。去年もこの季節にここのチョコレートを買ったのですが、とても美味しくてファンになってしまいました。さっそく一個食べたのですが、濃厚で甘すぎない大人の味のチョコレートでした。

大好きすぎて一度に何個も食べたくなってしまうのですが、一日一個で我慢…!毎日一個ずつ、大切に食べていきたいと思わせるような高級チョコレートの魅力に、大人になった今でもはまっています。

参考サイト:高級チョコレートの通販はこちら

はちみつ通販おすすめサイトは?

実際にはちみつを通販するのにおススメのサイトについてお伝えします。
Amazonや楽天など、大手の通販サイトでもたくさんのはちみつが取り扱われています。ポイントを貯めたいと思う方は、もちろんこちらを利用してもいいのですが、何しろ商品数がピンからキリまで無数にあるので、リストを見て行くだけでも疲れきってしまいますね。説明文も少し短めなので、わかりにくい部分があるかもしれません。

本物のはちみつに出逢いたい!

「少し値段は張ってもいいから、品質の高いはちみつが食べてみたい」と言う方には、はちみつの通販専門サイトがおすすめです。世界中のはちみつが集う「ラベイユ」も筆者のおすすめです。
こういったはちみつの通販専門サイトですと、ギフト用にいくつかの種類が少量ずつ詰まったセットがよく出ているので、お試し試食用としてはばっちりです。「一口にはちみつと言っても、できあがる環境でこんなに違うんだなあ」ということが実感できるので、はちみつビギナーの方にはかなりおススメです。

専門店の他にも、実は百貨店の通販サイトが穴場でもあります。お中元やお歳暮の季節は特に、ギフト用の高級はちみつセットが割とお買い得な値段で売り出されますので、これを機会に《ご自分用のギフトとして》購入し、味わってみて下さい。

はちみつの深く美しい世界

今までリキッドタイプのはちみつしか知らなかったけれど、クリームタイプのはちみつのテクスチャーにはまってしまった。どす黒い色のはちみつで、プーさんのイメージとは全くかけ離れているけれど、深い味わいが大人の味覚にぴったり。甘ったるいばかりがはちみつではない、季節の花々の味わいがこめられている…。

そんな風にはちみつの世界は深く美しく、ひとたび味わい出したら終わりがありません。40日間と言う短い生涯のなか、一生懸命に花の間を飛び回って蜜を採取するミツバチたちのけなげな姿に感謝しつつ、至高の喜びを味わってみて下さい。

もしお気に入りのひとビンがみつかったら、今度はぜひその土地について造形を深めてみて下さい。ほんの少し状況や環境が変わっただけでも、同じ味わいのはちみつは出来上がらなかったのです。こうして考えると、ミツバチそしてはちみつが私たちに暗示している、環境保全のメッセージは深いものがありますね。自然の恩恵そのものであるはちみつを末永く、幸せに味わっていくためには、ミツバチと私たちの住むこの世界についても、少し気にかけて生きて行く必要があると言えるでしょう。

はちみつ通販おすすめサイト:
はちみつを通販で買うなら武州養蜂園

はちみつ通販で気を付けたい点は?

はちみつを通販で購入する場合、ひとつ気を付けておきたい大前提がひとつあります。
それは、「先入観」を持たないようにすること。はちみつを通販で購入しようと検討されるくらいの方ならば、まず元々のはちみつ好きと思ってよいでしょう。つまり、ご自分の好きなタイプのはちみつがすでに存在している、ということです。

ですが、はちみつは同じ養蜂家さんの同じ巣箱であっても、毎年・毎回同じ味わいになるかというと、決してそうではありません。色々な環境や条件によって多少変化するという点については、ちょうどワインとよく似ていると思います。当たり年とそうでない場合があり、「去年買ったここのはちみつが最高だったから、今年も」全く同じ味を求めて購入するのでは、ちょっと期待を外れる場合があるよ、と注意を促したいのです。

はちみつ通販で毎年違う味を楽しもう!

もしそういった変化や違いを含めて享受できる度量のある方ならば、是非とも存分にはちみつの世界を通販で楽しんでいただきたいと思います。そうでない場合は、「やっぱり自然の産物だから、少しの違いは仕方ないな」と了承しておく必要があります。

逆に、全く味の変わらないはちみつがあるとすれば、それはより自然からかけ離れた状態のはちみつである、と言えます。生産性のみを重視して、一年中ミツバチに砂糖水を与えているような状態の国もあります。(これではいくらミツバチの生産物と言っても、人間の健康に関する効果はほとんど期待できそうにありませんね。)こうした産地から仕入れた安価なはちみつ、それをそのまま廉価で売ったり、別のはちみつとブレンドしたり、あるいは人工的な香料を加えて売るような悪質な場合もあります。はちみつの値段が安ければ安いほど、こういった「水増し調整」の部分は大きいと思われますので、あまりにも安いはちみつは、通販のタイムセール特価商品であっても避けるべきでしょう。

はちみつ原産国などをチェック!

日本でのはちみつ価格は決して安いものではありませんが、目安として1㎏あたり1000円を切るようなものは、少し疑ってかかるべきです。通販は数多くの製品が自由に購入できて便利である反面、購入時に手に取って吟味できない分、消費者側にとってはフィルターがかかる場合があります。返品の手間をとらないために、通販時には原産国や養蜂家名などがきちんと明記されているものを選ぶように、心掛けてみてください。

そして容量が多ければもちろん廉価にはなりますが、どんな場合でもまず初めは少量のビン入り蜂蜜を購入し、本当に気に入って納得した場合に大びんを購入する、という形が無難です。

ホームパーティー女子会の手土産は焼き菓子のギフトで決まり!

持ち寄りホームパーティーでオススメなのは焼き菓子

ホームパーティーに焼き菓子を話題のカフェやレストランのランチコース、仕事帰りにオシャレな大人のダイニングバー、といった外で女子会だけでなく、美味しいお酒に手料理や、人気のスイーツを持ち寄って気軽にホームパーティー形式の女子会を楽しむ人が増えてきているようです。ホームパーティーと言えば手土産選びにも気を配りたいもの。特に女子の集まりでは手土産ひとつとってもセンスがいい人は周りの友達に一目置かれることもありますね。手土産選びで迷ってしまうこと、ありませんか?女子が好きなものと言えばやっぱりスイーツ。お菓子作りが得意な人はホームメイドケーキでもいいでしょう。でもやっぱりセンスのいい人が選ぶのはプロのパティシエが作ったお菓子。常に新しいものが雑誌や情報番組で紹介されていたり、紹介されたらあっという間に話題が広まるのも納得です。お菓子を手土産にするというのは特に目新しいことではないですが、ショートケーキを人数分買って持って行くよりもおすすめなのは、焼き菓子のギフトセットです。

焼き菓子はきちんと感が出て個別包装なのがうれしい

まず、焼き菓子のギフトは箱に入ったものが多いので、「高級感」や「きちんと感」が出せます。センスよく木箱や缶に入ったものや凝ったラッピングのものは特に喜ばれるでしょう。「甘いものは別腹!」とホームパーティーでみんなでいただくのもいいでしょう。焼き菓子のサイズは比較的ひとつひとつが小ぶりなので、お腹いっぱいでもお喋りしながらあっという間になくなってしまうかもしれませんね。また、場所を提供してくれた人に後日楽しんでもらうこともできます。焼き菓子はショーケースに入ったケーキに比べて日持ちするのもポイント高いですね。ギフトセットになった焼き菓子はほとんどの場合が個包装なのも利点です。例えば、自分の家での女子会の場合は来てくれた友達にひとつずつでもお土産にしたら喜ばれそうですね。

サイズや内容量も調節しやすい焼き菓子はギフトにぴったり

焼き菓子はサイズや量を調節しやすいマドレーヌやクッキー、パウンドケーキやダックワースといった定番の焼き菓子のギフトは、生クリームが苦手な人やダイエット中という人にもきっとうけるでしょうし、ご家族で召し上がっていただくなら、男性にも好まれるでしょう。
焼き菓子のギフトは目的に合わせてサイズや内容をチョイスできるのもありがたいです。既にセットになっているものもあれば、お店の人と相談してその場でギフトとして詰めてもらい、ラッピングしてもらうことも可能な場合が多いです。
新しいものやセンスいいものの情報に敏感な女子にも、とにかくスイーツ大好きな女子にも、喜ばれること間違いなしな手土産だと思います。自分が持って行った手土産が喜ばれるのは嬉しいですよね。女子会なら尚更そうです。焼き菓子のギフトは失敗しない強い味方です。

初任給で買った両親へのプレゼント

初任給でお世話になった両親にプレゼントをと考えた

初任給のプレゼントはお財布にも優しい焼き菓子を私が今まで生きてきた中で、一番心に残った贈り物。それは、初任給で買った両親への、感謝の気持ちを込めたプレゼントです。
私の実家は四国の山奥にあり、私は早くから都会に出たいと思っていました。その願いが叶ったのが大学進学の時。愛媛県松山市のとある大学に入学し、一人暮らしを始めました。大学生の時は、ほとんど家に帰らず、連絡も取っていませんでした。そして4年の月日が経ち、厳しい就職活動をなんとか乗り切り、大学と同じく松山市のとある企業に就職しました。右も左も分からないまま働いて、初めてもらった初任給。自分の物も買いたかったのですが、まずは、今まで苦労を掛けてきた両親に何か感謝のギフトを送ろうと心に決めていました。

商店街で見つけた焼き菓子を両手いっぱいに持って久しぶりの実家へ

さて、何を送ろうか。できるだけ高価なモノをと考えていましたが、自分の生活も考えると、予算は多くて数万円。テレビや掃除機といった電化製品はどうか、それとも服や財布などの身に着けるものがいいか、ネットでギフト用のサイトなども検索しつつ、やはり自分の目で見て選ぼうと思い立ち、街の商店街を散策。そして、目に飛び込んできたのは、マドレーヌのような形をした、とてもおいしそうな焼き菓子でした。
そういえば、父さんも母さんも甘いものが好きだったよな。普段は買わないようなお菓子を送れば喜んでくれるかも。
そう思った私は、とりあえず、見つけた焼き菓子を購入。可愛らしいデザインの白い缶に入ったクッキーも合わせて購入し、ギフト用にラッピングしてもらい、そのまま商店街を散策。実家ではあまりお目に掛からなかったおしゃれな洋菓子に狙いを定め、バウムクーヘンやラスク、チョコレートを挟んだクッキー、ドーナツなどなど。そのすべてをギフト用にラッピングしてもらったため、まるでお土産を買いすぎた旅行客のように、両手いっぱいにお菓子の箱を抱えていましたが、気持ちはウキウキ、足取りも軽く家路につきました。
しかし、すごい量だ。保存も考えて焼き菓子中心に選んだとはいえ食べきれるかな、と少々不安になりつつも、実家に電話。驚かそうと思い、足元に広がるお菓子の山をしり目に、ただ帰るということだけ伝え、そして次の日、電車で実家のある町まで帰りました。駅まで車で迎えに来てくれた父は、思惑通り、私の抱えるお菓子の山を見て驚愕。家に帰り、それを見た母も、少し呆れたように笑っていました。

感謝の気持ちを焼き菓子で伝えられた

焼き菓子は感謝の気持ちも伝えやすいお昼になり、お菓子と一緒に買ってあった紅茶を淹れて、家族で食べました。バウムクーヘンとクッキー、それから最初に買ったマドレーヌのような形をした焼き菓子で、父も母も、おいしいと言ってくれました。もっと高価なモノがよかった、と、母は冗談めかして言っていましたが、まさか私が初任給でプレゼントを買ってくるとは思っていなかったようで、少し涙ぐんでいたようにも思います。今までありがとう。なかなか帰らなくてごめん、と、甘いお菓子を食べつつ、私も少し泣きそうになりながら感謝の言葉を伝えることができました。
今まで育ててくれた両親への感謝のギフト。それが沢山の甘いお菓子であるといえば、人が聞けば、少し物足りないのではないかと思われるかもしれません。しかし、そのお菓子を両親と一緒に食べながら、私は今まで言えなかった感謝の言葉を伝えることができました。今でも、商店街などで焼き菓子の甘く香ばしい香りをかぐと、あの時の感覚がよみがえり、少し恥ずかしく感じつつも、とても清々しい気分になります。

焼き菓子のギフトは私にとって非日常

焼き菓子のギフトは貰って嬉しいギフトの一つ

焼き菓子は見る楽しみもある焼き菓子のギフトは私にとって頂いて嬉しいギフトの一つなんです。
特にギフト用の焼き菓子が流行り始めた頃は衝撃でした。
それまでは焼き菓子=堅いお菓子といった捉え方だったのですが、
来客から焼き菓子ギフトを頂いて、箱を開けたときに何とも言えない素朴な可愛さを感じたのを覚えています。
確かにマドレーヌくらいは自分でも作った事はあったので知っていましたが、
素人の作った怪しいオーブンで焼いたマドレーヌですから、焦げている所もあるし
果たしてあれが本当にマドレーヌの味だったのがと最近全く作る事すら無くなった
今の自分は考えてしまいます。
たぶん、あれは甘いスポンジ程度だったのでしょうね。
お客様に頂いた焼き菓子のセットの中のマドレーヌはほんのりと酸味のある
しっとりとした食感に感激しました。
自分の家で焼くマドレーヌにはああいったしっとり感はなかったんです。

焼き菓子との出会いは衝撃的だった

他にもそのギフトの中には何種類かの焼き菓子が入っていました。
ダックワーズはその時が初めての出会いでした。今までの焼き菓子とは
全く違う食感でサクッとした歯触りにしっとりとしたクリームの組み合わせなんて
食べた事ありませんでしたから、その食感は食べる前は考えつきもしませんでした。
見た目は祖母の家でよく買ってあったナボナに似ているけれども
全く違うものだったという事にも感動があったのかもしれません。
もう一つ、フィナンシェもその時が初めてで、マドレーヌと同じ様な雰囲気なのに
どうしてここまで味が違うのかと考えさせられたものです。
どれもいまだに大好きな焼き菓子ではあるのですが、
焼き菓子のギフトを頂いた時の楽しみは食べる事だけではないんです。
素朴なのにちょっとおしゃれな感覚で日常とは違う雰囲気を持った焼き菓子の
ギフトセットは私にとっては見る楽しみでもある
のです。

焼き菓子は非日常的な贅沢な気分を味あわせてくれる

焼き菓子は非日常的で贅沢その日に食べたいなと思った焼き菓子をお気に入りのお皿にいくつか乗せ、
普段ならパックの緑茶で済ませてしまう飲み物を紅茶に変え、
更に余裕があれば奥にしまってあるティーポットで休憩する、
そんな予定を立てるだけでちょっと気分が向上させてくれます。
誰もいなくなった昼間のほんの少しの贅沢といったところでしょうか。
勿論、そんな事は滅多にできません。できないからこそ、気分が向上するんです。
大げさな言い方かもしれませんが焼き菓子、しかも単品でなくギフトとして頂く
焼き菓子の中にはそういった日常ではない、少しだけ贅沢がしたくなるような
非日常のエッセンスが含まれているのかもしれません
ね。

甘いものの力をかりて

焼き菓子には癒しの力があると思う

ギフトや贈り物に焼き菓子をよく買います甘いものといえばギフトの定番と言ってもいいでしょう。お中元、お歳暮、内祝い、お土産、どんな時でも使えます。もらって怒る人はまずいないでしょう。
その中でも、日持ちがして手軽に贈れる焼き菓子はいちばんの物だと思います。頂き物でも多いですし、自分でもよく選びます。生菓子よりは気楽に使えるのもうれしいところです。
ギフトとしての甘いものにはほかの食品には無い、不思議な癒しの力があると思うのです。

学生時代からの友人の不幸…どう声をかけていいかわからなかった

学生時代からとても仲の良い友達がいます。性格も好みも全然違いますが、それでも仲良しです。就職してからは遠く離れて暮らしていましたが、連絡は絶やしていませんでした。お互い手紙が好きなので、頻繁にやり取りしていました。
仕事のことや、最近言った旅行の話が多かったのですが、途中から妹さんの病気の話が見られるようになりました。検査をした、入院をしたと書いてくるようになり、それまではよく会っていたのですが、休日は妹のところに行くからと、会えなくなっていきました。
すこし体調が良くなったので、久しぶりに会おうかという手紙を受け取ってしばらくして、夜彼女から電話がありました。
思いがけなく妹さんの容態が急変し、亡くなってしまったというのです。
可愛がっていた妹さんで、若かったので言葉もありません。電話の声は落ち着いていましたが、どれほど悲しいだろうと胸が詰まりました。
飛んで行って励ましたいとも思いましたが、なんと言葉をかけていいのかもわかりませんでした。すぐに休暇をとることもできませんでしたし、自分が行っても相手に気を使わせるだけのような気もしました。

焼き菓子はこめられた想いも優しく運んでくれる

焼き菓子は贈り手の思いが込められていますでもなにかしたい、迷惑にならずに、ちょっとでも元気を出してもらうにはどうしたらいいのか考えて、ちょっとしたギフトを送ることにしたのです。
彼女は気持ちのきれいな人で、美しいものが大好きです。そこで美しいもの、楽しいもの、おいしいものを詰め合わせてギフトを作ろうと考えました。美しいものは小さなペンダントを見つけました。楽しいものは彼女の好きな画家の図録を買いました。さておいしいものはどうしよう。おいしいものといっても星の数ほどありますが、私が選んだのは焼き菓子でした。
いつか気持ちが落ち着いてからでも食べられるよう、日持ちのする焼き菓子を選びました。彼女は紅茶が好きなので、バターの香りのする焼き菓子はぴったりです。ちょっと気取った品を詰め合わせて明るい色でラッピングをして、自分なりのギフトを作り上げました。
彼女を慰めたいと思っていましたが、湿っぽい雰囲気にはしたくありませんでした。カードにもおいしいものを送るとだけ書きました。
自分が駆けつける代わりに、気持ちをギフトに詰めたつもりでした。同じ焼き菓子を余分に買って自分でも食べました。

揺るぎない幸せ

特別な思い出のある焼き菓子を贈り物に

焼き菓子は幸せのイメージマドレーヌ、フィナンシェ、クッキー、パウンドケーキ・・・。
子どものころ、お中元・お歳暮や、お客様のお土産に焼き菓子のギフトをいただくと、とても嬉しかったのを覚えています。
きれいな箱や缶に入った焼き菓子は、日本で作られたお菓子であっても、どことなく海外のおしゃれな雰囲気を味わうことが出来て、夢見がちな子どもだった私には特別なものでした。
その焼き菓子のギフトがおやつとして食べることを許された時は、弟と競って沢山食べても不思議と母から怒られることもなく、それはもう幸せな時間でした。
空いた缶や箱は私の宝物入れになり、特にお気に入りのものは時折手に取って眺めてはうっとりして、幸せな余韻は長い間続きました。
こういった記憶から、焼き菓子イコール幸せな時間というイメージが染みついているのか、大事な人へのギフトには焼き菓子を選ぶことが多くなります。

焼き菓子は缶や空き箱も可愛くてうれしい

大人にはコーヒーや紅茶と。
子どもには、ジュースや牛乳と。
家族にとっては特別なおやつだし、お客様には立派はお茶菓子になりますしね。
数年前、主人の実家へ帰省した時、宿泊したホテルのレストランに併設されていたベーカリーに素敵な焼き菓子のギフトセットを見つけたので、既にお土産は用意していたのですが、その焼き菓子のギフトセットも購入して持って行ったところ、いつもは贈り物に反応の薄い義姉がとても喜んでくれました。
その後はいつも以上に会話が弾み、とても楽しかったので、焼き菓子のギフトを選んで良かったと思えた一番の出来事でした。
ホテルメイドや老舗の洋菓子店の焼き菓子のギフトは、女性に特に喜ばれるようです。
私も、雑誌やSNSなどで、おしゃれな缶や箱にきれいに詰められた焼き菓子を見てしまうと、インターネットで探しては、ついついお取り寄せしてしまいます。
サービスエリアや、アミューズメントパークなどでのお土産の焼き菓子も、ご当地感が楽しいですし、日持ちして便利で、何より誰にでも気軽に楽しんでもらえるので、必ず選んでしまいます。

焼き菓子でコミュニケーションも

焼き菓子でティータイムしてコミュニケーションを美味しい焼き菓子が家にあると、甘党の旦那や子どもは大喜びして、夕飯後はティータイムになります。
時にはお友達を呼んで一緒に楽しむのも至福の時間です。
焼き菓子は立派なコミュニケーションツールでもあるのですね。
空いた缶や箱のコレクションも随分な数になりました。
そのうちのいくつかは、子どもの宝物入れになっています。
これは、私だけでなく、きっと多くの人が同じ事をしているでしょう。
いつの時代も、焼き菓子からもらうことのできる幸せは、揺るぎないものがありますね。
焼き菓子のギフトは、贈る相手だけでなく、贈る私にも幸せをくれるものです。
おばあちゃんになっても、ずっと焼き菓子のギフトを選ぶのだろうなあと思います。